投資に対する初期費用はどの程度あればいいとされているか知っていますか?また、投資にもメンタルコントロールは非常に重要になります。

公開履歴
腕組みしている男性

株を始めるためにはどれほどの資産を準備すればよいでしょうか。
単元株とはなにか、ということを説明したうえで準備する必要のあるお金についてを説明していきます。
最初に単元株とは何かを説明していきます。
株を購入する際はほとんどの証券会社では1株ずつ購入できません。
100または1000という数で売買をする必要があります。
したがって、ある大手金融機関の株価は300円程度とし、100という単位でしか売っておらず、その数で買う必要があるとするならば、3万円は最低でも必要になってきます。

それだけではなく、売り買いする際の手数料もかかりますから、一回の取引に100円かかるとすると、売り買いで200円かかることになります。
短期で売り買いをすることにより、キャピタルゲインを得たいと考えている場合、こうしたコストも準備するべきと言えます。
ちなみに、そういった手数料などは、証券会社によって価格設定が様々なので、何社かの資料を問い合わせて比較することが重要と言えます。
また、配当を得ることによって利益を確保したいと考えている場合は、購入した額以上のお金を口座に持っていることが要求されます。
それはどうしてでしょうか。

配当がされる権利を獲得した日、個人投資家たちは配当を得られるということを確実化したため、持っている株を一斉に売却しようとするため価格が下落します。
するとそれに対してリスクヘッジを準備していない場合、配当を受け取っても実質的には価格が下がってしまったことによって損をするわけですから、儲けは相殺されてしまう可能性があります。
ならば権利確定をする前に空売りを仕掛けリスクヘッジをする必要があります。
空売りは株を借りるわけですからその担保となるお金も準備する必要があります。
以上から購入金額の2倍のお金と手数料等のお金を準備する必要があると言えます。
また、一発逆転の様な形で狙われる低位株などは上昇率も高いですが下落率も高いですのでもしも急激に株価が下落してしまった場合に受ける損失は通常より高い場合になることが多いです。

記事一覧

エーザイの株価は、ここ最近右肩上がりになっていますが、将来的にもまだ伸びる余地は残されています。 株...

デンカ生研に株式で投資をするときに、重要となるのが自己資本比率です。 自己資本比率は、貸借対照表の資...

会議をしているスーツの男女

初心者が株式投資を開始するときに、真っ先に注目をするのが、国内でもよく名の知れた大手の銘柄です。 家...

お札を数えている手

NSKは日本に存在する会社で、機械の一部に使われる、軸受を中心に製造開発を行っています。 軸受はベア...

右肩上がりのグラフ

株式投資の初心者は、どの株を買ったら良いのかは非常に迷うところです。 そこで、投資の初心者の銘柄選び...

レートの情報

株取引において必要なものは、メンタルの安定でいかなる場面でも冷静に対応して慎重にこと進めることができ...