投資に対する初期費用はどの程度あればいいとされているか知っていますか?また、投資にもメンタルコントロールは非常に重要になります。

  • ホーム
  • 株の取引は慎重さが1番大切

株の取引は慎重さが1番大切

レートの情報

株取引において必要なものは、メンタルの安定でいかなる場面でも冷静に対応して慎重にこと進めることができるかどうかです。
一般的に投資家は株が急落したときには、慌ててふためいて冷静さを失い損をしたくないからすぐに株を売却します。
そしてその急落後何事もなかったのように価格がもとに戻るということはよくあります。
ここで慎重さを欠いたばかりにいままでの利益をとばしてしまうことやあるいは大きく損失を出してしますこともよくあります。
大事なお金を投資している以上かなり真剣になるのは、当然ですが取引に熱くなりすぎると目先の事しか見えず必ず失敗します。
このような急落時においても冷静さを欠くことなく、取引に対して慎重に対策を考えるべきで、安く買えるチャンスとみて買い増しするかあるいはこの急落が一過性のものの判断をするだけのメンタルコントロールがないと投資には勝てません。

株取引の期間を定めておくのも手段の一つです。
株取引の手法にはデイトレードやスイングトレードといったものがあります。
株を保有している期間を定め、その期間中には決済してしまうという考え方です。
メンタルを強くするには株取引のスイングトレードで気長に見守ることができるようにするのも良いでしょう。

株が急落するのには、二つのパターンしかありません。
業績下方修正などの悪化か仕手集団の仕掛けかです。
でもいずれの要因で下落しても、株価が現状とかけ離れたものであればかならず値はもどしてきます。
このような明快な分析がこの冷静さを欠く取引の局面で発揮できるかどうかです。
ここで株における勝者か敗者かの分かれ目になるわけです。

このように株取引においては、冷静にことをみて、その対処を慎重に検討できるメンタルコントロールができるかので、もしこのコントロールに自信が持てない場合には、現物での取引でそのままで置いておくのがいいです。
それも株価を気にすることなく長期のスタンスで行う考えのほうが、普段の値上がり、値下がりに左右されない冷静で慎重な取引となりえると思われます。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索